リセット」タグアーカイブ

正月太りの原因は? 解消法、ダイエット、リセット

正月太りの原因は? 解消法、ダイエット、リセット

 

今回は、お正月の連休中に太った方の為の、今後の予防方法です。

具体的には、以下の順番で食べるようにしましょう。

(食物繊維豊富な野菜(サラダなど)を最初に食べる(肉や魚などタンパク質を含むメインの料理を食べる)(炭水化物は最後に。食べ始めてから10分は間をあける)

へルシーな居酒屋メニュー

なるべく太らないためには居酒屋でどんな料理を食べればよいのでしょう。
ご存じの通り、居酒屋で人気のメニューといえば唐揚げや焼き鳥などの肉料理、さらには焼きそばなどの炭水化物です。
そして、そのどれもが1人前300、500kcalオーバ_の“高カロリー食”であることはいうまでもありません。
少しでもカロリーや脂質を抑えたいときは、浅清けやキムチ、もろきゆう、枝豆、冷奴などを積極的に選ぶようにしましょう。
これらは比較的早く提供されるので、先に満腹感を呼び覚ましておく意味でも効果的です。

「野菜や豆類ばかりじゃもの足りない!」という人は、焼きししゃもやァサリの酒蒸しはいかがでしょう。
くれぐれも揚げ物やご飯ものを最初に食べないように注意を!

 

正月太りの原因は? 解消法、ダイエット、リセット

正月太りの原因は? 解消法、ダイエット、リセット

 

正月太りが気になる方は食べ物と食べ方をチェック!

お酒の糖質を比べてみよう

食べる順番、気にしていますか?

諸説ありますが、アルコールのカロリーは、血行の促進や体熱の上昇などに消費されて完全に燃焼し、体の組織にはならない=太らないヒ言われています。

しかし、10Ogあたりの日本酒には約5.0g、ビールに約3.1g、ワインには約2.0gの糖質が含まれていることは知っておく必要があるでしょう。

 

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒に糖質は含まれてハません。
また、赤ワインは抗酸化力があり、生活習慣病の予防にも効、があるといわれているポリフエノールも多く含まれているため、健康忘向の人にも人気です。

「どうせおなかに入ってしまうなら順番なんて関係ないんじゃない?」という人もいるかもしれませんが、実は今、食べる順番を変えることによるダイエットが注目されているのです。

ポイントは、血糖値上昇の抑止。血糖値を急激に上昇させないことが太りにくい食べ方に効果的といわれており、食物繊維の多い野菜から食べることでそれを抑えることができます。
また、食物繊維はよくかまないと食べることができないため、かむ回数が自然に増えて満腹感につながります。