お父さん」タグアーカイブ

お父さんの仕事 働き方改革 ワークライフバランス

お父さんの仕事 働き方改革 ワークライフバランス

 

今日はお料理の話ではなく、お父さんのお仕事や会社のお話です。

 

「今年もしっかり体を動かそう」と心に決めます。
まずは山歩き用のリュックを買い換えました。大人の動機づけです。
山歩きといえば、ここ数年、ずいぶん若い人が増えました。10年ほど前まで、関東近郊の登山道は中高年ばかりでした。そこに山ガールが現れ、今では男女を問わず若い人が大勢登ってきます。4、5歳のお子さんを連れてハードな尾根道を登ってくるご夫婦もいらして、実ににぎやかです。若さの力はすごい、明るい気分になります。

私たちの職場も若い人が増えました。10年前、20歳台の組合員は1割程度でしたが、今では4人に1人となっています。2000年代前半、経営状況の厳しさから十分な採用ができなかった時代を乗り越え、この間の積極的な採用で職場の風景も変わりました。

「会社生活、どう?」って若い人に聞いてみます。「年が離れた先輩や上司と仕事以外の話をするのが難しいです」。そうでしょうね。「他部門の同世代とのつながりがほしいです」。このあたり
よりもこれまでの方針に沿った無難な意見のほうが喜ばれます。そんな大人びた割り切りをさせるようでは悲しくなります。若い感性を信頼し、意見に耳を傾けたいものです。

先輩諸氏には温かく若い人を見守ってほしいものですが、「あいつらの気持ちくらい分かってるわい」なんて過信は禁物です。「仕事一途でやってきました。みたいな価値観ありありの先輩、めんどくさい」、なんてSNSで愚痴られます。10歳も年が違えばいまや世代(ジェネレーション)が違うのです。考え方も感性も違ってあたりまえです。

会社のしきたりや仕事の進め方、それに組合活動のスタイル、「こうすればもっと良いのに」と若い人同士が共感できるならば、年配者に理解できなくても正しい方向なんだ。これくらいの寛容さがないと組織は活性化しません。少なくとも組合活動はそうありたいと思います。

組合役員としての今年の抱負です。

より良き職場づくりのために、頑張りたいものです。

 

お父さんの料理レシピ あったかいおでん!

 

お父さんの料理レシピ あったかいおでん!

 

今日は冬場の定番! おでんの簡単な作り方です。

 

まず材料は以下のようなカンジで。

・大根

・こんにゃく

・ちくわ

・はんぺん

・ウィンナー などなど

 

おでんと言えば大根ですね。 大根だけは、アクがでるとおいしくないので、下ごしらえをしましょう。

下ごしらえ方法は簡単です。 お米のとぎ汁を残しておいて、それで15分~20分くらい煮ればOKです。とぎ汁の含まれる成分が、大根のアクを取っ払ってくれます!

 

あとはいろいろな材料と一緒に鍋に入れて弱火で1時間も煮ればOKです。

出汁は、粒状の本だしや、液状の白だしを使ってもOKです。

あとはみりんと料理酒(もしくは日本酒)を適量足せばOK。

 

重要なのは大根の下ごしらえと、みりんを適量です。

 

これで成功率が8割以上です!

 

 

お父さんのDIYのためのブログ シロアリ愛知 をおススメします。

 

お父さんの料理は基本が大事

お父さんの料理は基本が大事

 

お父さんがたまに作る料理の評価はだいたい次のようなカンジです。

・とにかくマズイ

・時間かかり過ぎ

・材料費が高過ぎる

・ガス台の回りがやたら汚い

・シンクも汚い

 

という残念なコメントが多いのではないでしょうか。

まず料理本を見て、材料をそのまま一から買ってくるのでやたらに材料費が高い。そして冷蔵庫に残っているものを使おうという考えが無いので、なおさら高くなります。

下手すると調味料も買って来ちゃいますよね、何かよく分からない聞いたこともないようなモノとか。そしてその後二度と使わないという。。

 

お父さんが料理をするには、「その日だけ」という発想ではダメなのです。

「その日から」始めるという発想でないと。

例えば、カレーを一から作れて初めてボンカレーのありがたさが分かります。だからボンカレーを使うなら、一からカレーを作れなければならないのです。そういう発想の転換です。

 

ですからまず初めにやらなければならないのは、

・調理器具を使えるようになること

⇒包丁を使えるようになること。包丁は数百円~千円ていどで十分です。そしてこちらも千円ていどでイイのでシャープナーか簡易砥石を買いましょう。まぁ無くても茶碗の底でしゃしゃっと研げますからいいですけど。あとピーラー(ジャガイモなどの皮むき器)もあると便利です。

⇒フライパンを使えるようになること。フライパンが使えるとは、フライパンのヘリの形状に沿って食材が縦に回転して、効率よく熱を通すことができるようになるということです、堅苦しく言うと。

 

 

と言いつつも、呑みながら自分でつまみを作って食いながら、料理を作るのが最終的に楽しいんで、最終目的はそこに置きましょう。

というカンジで続きはまた次回に。