月別アーカイブ: 2017年7月

おにぎり丸をお弁当に 冷食も入れてみよう

 

おにぎり丸をお弁当に 冷食も入れてみよう

わたしの主人は建設業という仕事柄、現場事務所がない場合は、車の中で昼食をとる必要があるため、 お弁当が欠かせませんでした。寒い車の中、温かいお味噌汁をとても喜んでくれていました。でも最近は、 オフィスでの仕事も多くなったので、お弁当は野菜中心です。

 

今日のお弁当は、トマトどアスパラガスのサラダに、ニンジンとミヨウガの千切りをトッピング。野菜だけだと さみしいので卵料理は欠かせませんが、今回は目玉焼きにしました。目玉焼きの下には、キャベツの千切りが入っており、お味噌汁の具は、根菜のニンジンと大根、そして豆腐です。

 

家族におもしろい商品を教えてもらいました。味の素「おにぎり丸」です。カレー、麻婆豆腐、餃子 などバラエティに富んだ具材が冷凍され、温かいご飯で握るだけで、自然に解凍されて手軽に 、美味しいおにぎりが完成します。

 

冷凍食品をそのまま握るなんて半信半疑でしたが、昼食を食べるときには、ちょうど食べ 頃で、手軽で、ボリュームもあり、結構濃厚な 味なので、野菜中心のお弁当にはぴったりだったと思います。ビピンバの具で作ってみました。「おにぎり丸」、忙しい朝の素敵な助っ人ですね。

 

今日はちょっと趣向を変えてみました^^

 

お父さんの料理 簡単なハンバーグ

 

お父さんの料理 簡単なハンバーグ

 

お父さんが料理を作るなら、簡単なほどよいですね。

さて今日は、定番のハンバーグです。 お子さんと粘土感覚で、一緒にコネコネすると楽しいですよね。

 

さっそくレシピですが、

 

【材料】 3人分くらい

・牛と豚のあい挽き肉 300gとか400gとか ※合い挽きでなくても、牛でも豚でも挽き肉であればOKです。 ただ鳥のムネ肉でやるとちょっとパサパサになるのでご注意を。

 

・玉ねぎ 半分くらいをみじん切りに。 この時、よく切れない包丁を使うと、お目目が痛くてエライことになります。 よく切れる包丁でもたぶん痛くなりますので、どうしても嫌な方はゴーグルでもして下さいね。

 

※ちなみに、玉ねぎを切って目が痛くなるのは、包丁で玉ねぎの繊維(理科的に言うと液胞)を押しつぶしてしまうことで、液が「ぴゅぴゅっ」っと拡散してしまうからです。

 

・パン粉 おにぎり1個分くらい ガサッと、適当に^^

 

・生卵 1個 殻が入らないようにね。

 

・塩コショウ さっさと、適当に。

 

 

以上を、ボールでゴチャゴチャのグチャグチャにこねくり回しましょう。

あとは適当な大きさにして、フライパンで焼きましょう。 真ん中に火が通りやすいように、少しくぼませておくといいですよ。

ハンバーグの中にチーズを少し入れて丸め込んでもおいしいですね。(入れすぎ注意)

この場合は、真ん中のくぼみは優しくやってあげて下さいね。

 

適当に両面を焼いてあげて下さい。 ひっくり返すのは、おはしでもターナーでもいいですが、油がはねるので、特にお子さんにはやけどに注意してあげて下さい。 (まぁご自身は、、大丈夫でしょう^^;)

 

焼けたらキャベツの千切りとか、レタス何かのお野菜と一緒に盛り付けて下さい。

 

ハンバーグソースは、ケチャップとコーミソース(ウスターソース)を半々くらいで混ぜると、それっぽくできます。

それをハンバーグに豪快にかけましょう。

 

 

以上です! 適当にやっても失敗しないのがハンバーグのいいところです!

 

ユーリンチ―の作り方 タレのレシピも

 

ユーリンチ―の作り方 タレのレシピも

 

お父さんのお酒のおつまみにもなります、ユーリンチーです。

「油淋鶏」と漢字で書きます。 これは中国語の読み方ですね。 上海と一緒で日本語には無い読み方です。

 

この料理の概要は、鶏肉を油で揚げて、そのあとタレをからめる(和える)というものです。

 

では早速レシピと作り方を説明しますね。

 

【作り方と材料】

鶏肉1枚でも2枚でも。 国産は高いのでウチはブラジル産でもっぱらやってます。

鶏肉を一口サイズに包丁で切ります。 だいたい3cm角とか。

片栗粉をビニール袋などに入れて、その中に鶏肉も入れて、片栗粉まみれにします。

180℃くらいの油でそのまま素揚げにします。

揚がったら、レタスやキャベツと一緒に盛り付けます。